子供英会話スクール探しTOP >> 親子留学
親子留学について 親子留学やはり国際感覚を身につけるなら留学が一番。 ただ、小さな子供を一人で海外に行かせるわけにはいかない・・・と、 そこで親子一緒に海外留学というのが大人気。 留学が長年の夢だったという人が子供をもって、改めて子供と一緒に夢を実現するケースもある。

親子留学のコースはさまざま。短期のものから長期のものまでいろんなプログラムが増え続けている。 ただし、しっかり言葉を身につけるほど長期のものは、普通の日本の暮らしをしているひとには無理というもの。 数週間海外で暮らしたから言って英語が話せるようになるわけではない。 あくまで、子供が英語が好きになるきっかけとして位置づけたい。

ただ、海外で経験するさまざまな出来事は、子供にとってのみならず、 親にとっても大きなショックであり感動だ。普通に英会話を勉強しようね、と日本国内で 言い聞かせるよりも100倍、200倍の効力を持って「英語、話したい」と実感させるにはもってこい。 海外で出会う人々とコミュニケーションがとりたい!と、子供ながらに心から思うこと・・・ バイリンガルへのもっとも大切なスタートとなるかもしれない。

親子留学には3つのタイプ

親子通学は目的に応じて3つのタイプに分けられる。第1に親の留学がメインである場合。 これは、親が大学や語学学校で勉強している間に現地の託児施設で子供を預かってもらうもの。 半年~長期のものまであり得る。第2に子供に英語体験をさせるのが目的である場合。 サマースクール等を利用した数日~のものもある。3番目には親も子も両方ともの英語学習を目的とする場合。 たとえば、現地語学学校の子供向け語学研修に参加したり、ホームステイ体験、旅行会社主催のチャイルドツアーなどがある。

手続きは難しい?

日本から参加するようになっているプログラムのほとんどは、旅行会社や留学を扱う会社が代行してくれるので 大変簡単に手続きできる。これらの申込は個人でもできないことはないが、出願書類が込み入っているので、相応の英語力が必要。 授業内容や宿泊先等細かいチェックが必要なため、海外生活経験のある親でなければむずかしいかも。

親が気をつけるべきこと

親の気がはやって嫌がったり怖がったりする子供に強制しては何にもならない。 また、成果を焦ってはいけない。環境が変わってただでさえ緊張している子供に対して、親が神経質に接すると、 外国人を怖がったり、外国そのものに拒否反応をおこす子供もいる。 親自身、海外では個人としてしっかり独立する精神が必要になる。 自分から積極的にコミュニケーンをとろうとする姿勢が大切だ。 また、日本は世界一安全な国であることを忘れてはいけない。 海外に行ったら、自分自身と子供の身の安全は自分で守ろう。 海外旅行保険には必ず入ろう。現地での子供や自分の病気を想定し、保険や病院についてはしっかり確認しておきたい。

成果の期待度

子供のためのプログラムは長くても1ヶ月程度のものがほとんど。 いくら海外で生活するといってもこういった短期間では英語力がアップすることは言えない。 出発前からかなり英語に親しんでいる子であっても、留学期間中にすごく伸びる・・・ということはまずありえない。 成果は英語力の伸びにあるのではない。親子留学体験の子供たちが口々に述べるのは、「英語への恐怖心がなくなった」 「外国人がこわくなくなった」「外国に興味がもてた」という意識上の成果だ。 本当の成果は留学後の英会話への取り組み方によって現れる。連れて行って良かったと心から思えるのは、 幼い頃の海外体験がきっかけとなり視野がひろがり、その子が成長し真の国際人になったときかも知れない。

英語が全くできなくても?

子供は英語が全くわからなかったとしても、ボディーランゲージや遊びの中で何とか コミュニケーションを成立させてしまうもの。積極性があるか、激しい人見知りをしないか、等、 適応できるかどうかは英語力よりもむしろ性格によりけりと言えるだろう。 問題は親の方で、せめて子供のクラスをたんとうしてくれた先生や、周りの父兄と意思の疎通が取れるぐらい の英語力があることが望まれる。全くできない場合は、現地でのフォローアップがしっかりしている会社やツアーを選ぶようにしよう。

料金

留学する期間や場所によってばらつきがある。親子で1週間 \120,000~平均1週間\200,000程度 コースの料金設定の中には、手続き料金や航空券代、保険代、ホームステイ料金、宿泊費用や食費が加算されるのでよく確かめよう。