子供英会話スクール探しTOP >> 子供英会話スクールって?
子供英会話スクールって?

ひとことで英会話スクールといっても、その形態は様々。
全国に何百とある大手スクールから個人経営のアットホームな小さなスクールまで。
子供専門のところもあれば、大人のスクールにある子供のクラスというところもある。

やはり、お母さん達の子供英会話への関心度が上がってきているため、
大人の大手スクールがほとんど子供のスクールを併設するようになってきた。
システムは様々。事前によく調べて、ホームページを確認したり、資料を請求してみると良いだろう。

自分が通うのではないから、実際に子供と一緒に見学して
雰囲気が気に入るかどうかを確かめてみるのもおススメ。

スクール選びのポイントスクール選びのポイント

◆マンツーマンかグループ制か・・・ 初めての場合マンツーマンでは緊張してしまいかえって英語が嫌いになってしまう子供もいるので、 要注意。グループレッスンは楽しいけれど、何にもしなくても終わってしまう場合もある。5~6人が理想的。 子供の個性に合わせるのが大切

◆月謝制か期間制か・・・期間制の場合、何回通えるかは要チェック。 授業料の他に入学金や教材費がかかるケースが多いので、全て足して1年間の費用で比較してみると分かりやすい。 授業の時間の長さも考慮に入れるとよいだろう。

◆先生は日本人か外国人か・・・初めて教わる先生は子供にとって印象的。 その先生の教え方で好きになれるか嫌いになるかも決まってしまう。先生の資格や教え方はとても大切。外国人に 接することに慣れるという意味では外国人講師は効果的。ただ、バイリンガルになるために、日本人の先生がダメとは限らない。 子供に対する教授法を身につけているかどうかが重要。

◆担任制か先生が代わるか・・・ずっと子供達の様子を見守って アドバイスがほしい場合は担任制、楽しい、目新しいのが好きな子供には毎回先生が代わるクラスが刺激的?

◆お遊び派か、しっかりお勉強派か・・・子供に英会話スクールを 続けさせたいと思う時、ひとつの悩みは受験勉強との兼ね合い。学校英語ができるように、両立できるように 工夫しているスクールもある。
そのスクールがどんなカリキュラムをもっているかをよく確認してみよう。

◆無理なく通える場所にあるか・・・送り迎えが必要な年齢の場合、 通学にかかる時間も大切な要素。ただ、近いという理由だけで選んでしまうのは危険。

英語を話すには実際何年かかっても全く話せるようにはならなかった・・・というのも、よく聞く話。
週1回、数十分のレッスンだけではいくら頭の柔らかい子供とはいえ、ネイティブ並にとはいかないらしい。 スクールによっては、家でCDなどでの補習を指導してくれるところもあるので、お母さんの責任も重大。 レッスンにかけた費用を生かすも、無駄にするのも、やりかた次第。やっぱりスクール任せでは難しいかも?

料金

レッスンを受ける人数などによって値段は様々。平均的には月10,000円程度

Aスクール 週1回 日本人講師 60分 グループ6名まで 7350円/月

Bスクール 週1回 外国人講師 120分 グループ3名まで 18000円/月

Cスクール 週1回 マンツーマン 外国人講師 60分 一回4000円