子供英会話スクール探しTOP >> インターナショナルスクールって?
インターナショナルスクール

インターナショナルスクールインターナショナルスクールは、日本にいる外国人の子供のための学校として始まったもの。

宇多田ヒカルがインターナショナルスクール出身であることは、あまりに有名。 彼女のように、日本人の両親をもちながら、完璧なバイリンガルに成長するということで、 最近人気が急上昇。海外の学校のように、個性を尊重したユニークな教育がうけられるということでも注目されている。 日本の学校になじめない、帰国子女をうけいれるという役目もある。

義務教育資格はみとめられない?

インターナショナルスクール2実は、日本の法律上では、義務教育資格とは認められていない。

文部科学省によると、インターナショナルスクールは学校教育法に定められている小・中・高校に該当しない各種学校の扱い。卒業資格が取得できないため、日本の中学や高校へは進学できない。ミッション系の学校など一部の例外はあるものの、大検を受けるか海外の大学へ進学を余儀なくされる。

それでもなおかつ魅力的?

授業は全て英語で行われるので、海外に留学したのと同じ英語力が身につく。
校則や制服もないスクールがほとんどで、個人の個性や責任が重視される。授業も先生からの一方的なものではなく、ディスカッションをふんだんに取り入れた対話式のものが基本。

学力重視で飛び級や落第がある。様々な国の子供たちの中で、否が応でも国際感覚は自然と身についていく。

日本人には狭き門?

入学は在日外国人の子供が最優先。もともと募集枠は少なく、日本人の場合は帰国子女が優先。
学校とのやりとりは、もちろん全て英語なので両親のどちらかが英語が話せることが最低条件。
日本にいながら、日本の教育を受けずに成長するため、子供としては「私って日本人?」というアイデンティティーの問題にぶつかることも、ままあるとか・・・?
インターナショナルスクール3それなりの覚悟や気合が必要。

→インターナショナルスクールに関する情報サイト

料金

国の補助金が出ないため、授業料はとっても高い!?
年間学費は180万~250万。

ちなみに、小学校から高校までインターナショナルスクールに通うと3000万円かかる計算。
これは公立学校の6倍。私立学校の3倍。親の年収も平均の数倍はないと無理そう!?