1 2

クリスマスパーティでの英会話

私の友人は将来のために英会話スクールに通っていて、いろんな体験談を教えてくれます。

その中で印象深かった体験談は、英会話スクールでのクリスマスパーティーの話でした。友人が通っている英会話スクールは個人経営の教室で、生徒と先生の距離も近く、生徒同士もほとんどの人が顔見知りというアットホームな教室なんだそうです。

そのため、英会話スクールでは毎年、クリスマスパーティーを開催して生徒と先生みんなでクリスマスを過ごすんだそうです。

パーティーではいろんな料理を食べたり、クリスマスケーキを食べたりと、普通のクリスマスパーティーと同じなんですが、「会話は英語で行うこと」という決まりがあるんだそうです。

このパーティーは、英会話を話すことに対する抵抗をなくすために始まったそうで、生徒同士も必ず英語で会話をしなければならないんだそうです。

このパーティーのおかげで、英語で会話をするということに慣れることができ、生徒同士でも日常会話を英語で行うという良いきっかけになったと言っていました。

 

「英語で話すのが恥ずかしい」という気持ちは捨てないとダメ

私は大学を卒業後、普通に日本の企業に就職しましたが、将来はグローバルな会社に転職したいと思うようになり、英会話スクールに通い始めました。

私が通っているスクールでの体験談をご紹介します。私が通っている英会話スクールは、マンツーマンで授業を行っています。
英会話スクールに通っているということを友人に話すと、教室での体験談を教えて欲しいとよく言われます。最近は英語で仕事をする会社が増えてきており、英語を勉強したいと考える社会人が多いようです。


英会話スクールに通うようになって体験したのは、英会話を学ぶときには「自分の英語が通じるか分からないから、英語で話すのが恥ずかしい」という気持ちを乗り越えることが英会話上達の近道だということです。

せっかく授業を受けているのに、自分から英語を話さなければ発音を学ぶことも練習することもできません。英会話を上達させるには、英語を話すことに抵抗を持っていてはダメだということを学びました。

 

私は子供を幼児向けの英会話スクールに通わせています。

私は子供を幼児向けの英会話スクールに通わせています。

その英会話スクールでの体験談を紹介します。子供を幼児向けの英会話の学校に通わせたいと思ったのは、これからは今まで以上にグローバルな世の中になり、子供が大きくなったころには英語が話せないと進学や就職のときに苦労するのではないかと考えたからです。

それに、英語は小さいころから学んでいたほうが身につきやすいということを聞いたことがあったからです。


幼児向けの英会話スクールはいくつかありますが、子供が楽しんで学べる教室に通わせたいと思い、インターネットの口コミサイトなどに載っている体験談を元に英会話スクールを探しました。

子供が通っている学校は、同じ年齢くらいの子供たち数名でクラスが構成されていて、教室内で英語の音楽を歌ったり、英語で絵本を読んだり、自然に英語に触れることで英語に対する苦手意識を芽生えないようにする、ということに力を入れています。

 

おかげで私の子供は、毎日楽しそうに英語の歌を歌っています。

私は友人と楽しく学ぶスクールを選びました。

私は、英会話を身につけるために友人と英会話スクールに通っていました。

その時の体験談ですが、一人で通うよりも友人と一緒に通うことで、次に行く日程を相談し決めることができるのでモチベーションを保つことができました。

また、友人と同じレベルで成長できることもあり、授業以外でも英語で会話をしてみたり、会話が通じ合ったときにお互いに嬉しくて喜び、楽しく学ぶ事ができました。

また、英会話が上達して話せるようになったら一緒に海外旅行の計画なども立て、実現させることを目標に頑張ることもできました。


英会話スクールによっては、マンツーマンでの授業で学べるところと先生1人に対して複数人で行うところとあります。ネット等に投稿された体験談などいろいろ調べて、私は友人と楽しく学ぶために複数人と一緒に楽しく学ぶスクールに決めました。

有名スクールであることも大事かもしれませんが、体験入学なども利用して自分にあったスクール選びをすることが大事なんだと思っています。

スクールを選ぶ際は体験教室に通いましょう。

私が通っている英会話スクールでの体験談は、いろんな先生たちと話す機会が多かったおかげで英会話の上達が早かったということです。

英会話スクールを選ぶ際に、インターネットなどで紹介されている体験談を参考にする人も多いと思います。

でも実際に一番参考になるのは、それぞれの英会話スクールが開催している体験教室です。私も体験教室に参加して、自分が通う学校を選びました。

私が通っている学校は講師の数が多く、授業は毎回同じ先生が行うということはありません。英会話スクールの中には生徒の習熟度を理解するために担任制を用いているところもありますが、それではその先生の発音だけしか聞くことがなく、人によって少しずつ変わってくるイントネーションに対応することができません。

その点、私はいろんな先生の授業を受けることで先生によって微妙に異なるイントネーションなどに慣れることができ、今ではいろんな海外の人と英語で話ができるようになりました。